このページをブックマークする
金と錬金術

金と錬金術

錬金術といえば、最近はコミックなどに取り上げられることがあったりして、知名度が増している感がありますね。ただ、やはり普通の人は良く知らないのでは無いでしょうか。簡単にいうなら、他の金属を精錬して金に変えてしまおうというものです。錬金術自体ついに金を作り出すことは出来ませんでしたが、その途中で考え出された製法や副産物は現代科学の礎となるものでした。

金を作り出す〜錬金術とは

ウィリアム・ダグラス作 『錬金術師』無から金を創り上げる事は不可能でも、他の金属を変性させれば金にできるのでは無いか? これが、錬金術の基礎です。実際は金だけではなく、広く貴金属を卑金属から作り出す研究一般を指します。こうした研究を錬金術といい、その研究家を錬金術師と呼びます。

これが次第に拡大解釈され、錬金術にはより良いものに磨き上げる意味が加わります。その解釈から、人間の魂・肉体までもさらに高みに引き上げようとする研究もなされ、こちらもまとめて錬金術と呼ばれるようになります。

錬金術の夜明け〜錬金術の歴史

錬金術というと、大抵は中世ヨーロッパ時代をイメージするのではないかと思いますが、実は最初に錬金術を始めたのはギリシアで、このときは治金術と呼ばれていました。その後イスラム錬金術時代を経て、中世ヨーロッパの錬金術にたどり着きます。この話はヨーロッパ圏での錬金術の発達ですが、別ルートでは東洋、中国などでも錬金術と似たような研究がなされています。

こちらは錬丹術、丹田術などと呼ばれました。こうして、名前や趣旨は少々違いながらも、各国で錬金術の研究は続けられていたのです。しかし、やはり最も大規模であったのは中世ヨーロッパにおける錬金術であり、ここから以降は「中世ヨーロッパにおける錬金術」について話します。

錬金術の目指したもの〜賢者の石、エリクサー

錬金術師たちが夢見たもの、それが賢者の石の精製でした。賢者の石は他の物質に反応させることによって「よりいいもの」に変えることが出来るというものです。つまり銅に賢者の石を使えば銀や金に変性させることが出来るというわけです。これが人体に影響するものがエリクサー(エリクシャーやエリクシールとも呼ぶ)で、人体に使えばより頑健な身体、または不老長寿になるとされたものです。

さらに、無生物に使用すれば生命を与えられる(ホムンクルス)ともいわれ、日夜研究を続けてきたのです。もちろん、こうした研究が成功する事はありませんでした。考えてみると、金や生命の創造、不老長寿など人間の欲望に忠実な研究ばかりですね。

錬金術の裏事情〜錬金術が広まったわけ

魔女の想像図中世ヨーロッパといえば、錬金術の他にもう一つ有名な出来事があります。それが魔女狩りです。ちなみに魔女狩りとは言いますが、実際には大量の男性も魔女として処分されています。錬金術が始まった頃は、まだ魔女狩りそのものは始まっていませんが「得体の知れないことをしている」人物に対する弾圧は厳しく、あくまで魔術や儀式ではなく、錬金術という学問を行っているのだとしておく必要があったのです。

さらに研究にはお金がかかりますが、お金持ちが行ってくれる資金援助も「魔術の研究」よりは「錬金術の研究」のほうが格段に受けやすかったという側面も持っています。つまり、今まで異端とされていた魔術の研究なども、錬金術の研究といえば通るので、そういった研究をしている人たちまで巻き込んだ事が爆発的に錬金術が広まった原因になっているのです。

錬金術の終焉〜科学という名の審問

こうして爆発的に広まった錬金術は、賢者の石やエリクサーを創造する事はできませんでしたが、その代わりに多くの副産物と、科学というものを生み出しました。(副産物については次の章で述べます)科学はいままで錬金術が行った実験や知識を基にして生み出され、現代社会の基本となっています。しかし、科学が進歩すればするほど、錬金術が目指したものの精製は不可能であるという結論に達していきます。

金を生成するなら莫大なエネルギーが必要であること、不老長寿はありえないこと…など、錬金術が目指すもの全てを科学は否定していくのです。こうして、科学が広まるほどに錬金術は勢いをうしない、やがて歴史から消えていきます。みずからが生み出した科学によって錬金術が消えていった、というのは皮肉なものですね。

錬金術は無謀であったのか

しかし、現在の科学を持ってすれば、水銀から金を作ることは理論上可能とされています。ただし、莫大な時間と費用、手間がかかるために到底実用的では無いといわれており、よほどの新技術が開発されない限り、錬金は事実上不可能といえるでしょう。しかし、金を作れるという理論自体は支持されているので、錬金術の目指したものは科学によって掴むことが出来るかもしれません。

ページの上に移動
  • 金のインサイド・ストーリー
  • 金の秘密
  • 金と人類
  • 金に魅せられた人類