このページをブックマークする
金の用途

金の用途は?

金は、これまで何回も言っているように、さまざまな用途で、広い活躍をしています。貴金属として、または通貨として、あるいは工業用として…などなど、さまざまなシーンで使われる金。現在流通している金の7〜8割は装飾用に用いられていますが、残りの金にも用途があります。

貴金属としての用途〜金はいつでも美しい

ツタンカーメンの黄金のマスクエジプトはツタンカーメンの黄金のマスクなど、世界最古の貴金属として愛用されてきた金。今でも金を利用したアクセサリーなどは、男女問わず人気がありますね。金はそのままでは柔らかすぎるので、他の金属を25%配合した、18金といわれる合金の形で加工される事が多いのですが、あなたの周りにも一つや二つあるのではないでしょうか? 

また、金は非常に安定性が高く、反応性が低いので、金の装飾品は金属アレルギーを起こしにくいのもポイントでしょう。「金属アレルギーでかぶれちゃった」というと、「安物のアクセサリーつけるからよ」といわれるのも、安い装飾品は金の比率が低いところからきているのです。こうしてみると、金は装飾品として大変適した金属なのですね。

通貨としての用途〜カネが無くても金がある

金は大変に貴重な品物です。そして、例えばA国では価値があるけれどB国では石ころ同然、というようなことがなく、大抵の国で珍重されています。そのため通貨として金を使うところが多かったのです。最初は目方で交換していたわけですが、やがて金を一定の形にすることが考えられました。これが通貨(金貨)の始まりです。日本でも小判として、昔から使用されてきたのはご存知の通り。

工業用品としての用途〜身の回りは金だらけ

上の二つは、他のページで詳しく紹介したので、ここでは重点的に工業用用品としての金の使い道を考えてみましょう。といっても、その用途はあまりにも広く、全てをカバーできるとは思えないのですが、出来る限り紹介していきます。

金の展性を利用したもの

金は徹底的に薄く伸ばすことが出来る珍しい金属です。そのため、金箔や金糸などを容易に作り出せるのです。この金箔は見た目の美しさもさることながら、金箔を貼った面を腐食などから保護する役割も兼ねています。

厚さは厚くなりますが、金メッキなどもこうした目的で使われます。大きなところでは人工衛星の外側に貼られたりもしていますね。また、金箔をちぎって祝い料理にまぶすことも、ときおり見かけます。金の反応性が薄いので、身体には影響ありませんからご安心を。

金の反応性の低さに着目したもの

金は酸等におかされる事が少ないため、金歯として使用することも多いです。いつも濡れた部分にあるので、錆びたりすると都合が悪いのですが、その点腐食性の低い金はピッタリなわけです。

また、耐性が高く、反応性が低いので、アレルギーを起こしにくく、長期間使用しても金の成分が流れ出すようなこともありません。同様の理由で割れた陶器を修理する際に接着剤代わりとして使用することがあり、金継ぎと呼ばれます。金で補修することによって、新たな味わいが出るというのもポイント。

伝導性の高さを利用したもの

CPU、LSIなど、演算機器において金はなくてはならない存在です。よりクリアでより高速の電気信号を伝えることが出来、腐食などの危険が無い金は、こうした最先端の電気製品において、代替が利かない優秀な品物なのです。また、端子部分などにも使われているのもやはり製品の品質を高めてくれるからです。

その他の用途

例えば、ガンの治療薬として、または検査時のコーティング材として使用されるなど、医学関係にも大きな役割を果たしています。そのほか、化学反応の触媒としての用途や、金を細く伸ばした金糸は刺繍材、着物のアクセントとして用いられるなど、さまざまな分野で使用され続けています。

コラム:金はなくなるのか?〜埋蔵量の不思議

金小さい頃、石油はあと何年でなくなってしまう、といったことを聞いた記憶はありませんか? 私が小さい頃に読んだ本では、20年もすればなくなるようなことを書いていました。

ところが、今でも石油はしっかりと採掘されています。これは、新しい油田などが発見されていくおかげなのですが、金の場合はどうでしょうか? 金自体の埋蔵量は、地球全てを掘り返しても20×20×20メートルの立方体の中に収まるといいます。これは地質的にみてなので、新しい金山が発見されてどうこうという問題ではありません。しかも、そのうちの3/4はもう採掘済みといわれています。

残った金の量は20×20×5メートルの大きさ。このままでは、すぐに掘りつくされてしまう話です。しかし、金の場合は石油と違い、消費するばかりではなく、使用済みの金を再び溶かして使うことが出来るのです。こうしたリサイクルされる金は、現在流通量の15〜20%を占めています。ゴミのリサイクルは、金資源の保護にもつながっているのですね。

ページの上に移動
  • 金のインサイド・ストーリー
  • 金の秘密
  • 金と人類
  • 金に魅せられた人類